ギックリ腰

大蔵カイロ川越伊勢原整体院ギックリ腰ヘッダー

今あなたはこのような状況では?

  • 一歩も動けない
  • 立つことも、座ることも、寝ることもできない
  • 身体を動かすとまた激痛に襲われそう
  • 時間が経つごとに痛みが増してきている
  • 大したことをしていないのにギックリ腰になった
  • ギックリ腰を何度も繰り返している
  • 以前の時より治りが悪い

いくつか当てはまると思いますがご安心下さい。

まずは動けるように。そして、ぶり返さないように。

当院ならそのお悩みを改善できます!

 

ギックリ腰の原因は? 

大蔵カイロ川越伊勢原整体院腰痛01

正式名は急性腰痛症といいます。

急に力を入れた時や重い物を持った時だけでなく、歯みがきで前屈みになったり咳やくしゃみをしただけでもなる場合があります。

腰に過度の負担がかかる姿勢や作業を続けていると、腰やその周辺の筋肉が緊張して硬くなります。こうした状況のもとで腰を曲げたりねじったりすることで、筋膜や筋線維、椎間板などの軟部組織が損傷し、炎症が起きることで急激な痛みを発します。

しかし、すべてがこれに該当するわけではありません。
ギックリ腰については様々な仮説が挙げられていますが、実は原因は不明です。
その理由は、ギックリ腰になった時、体内ではどのような事が起こっているのかが未だ判明していないからです。ギックリ腰に限らず腰痛全般にいえることですが、特発性(原因不明)のものが大半を占めています。

大蔵カイロ川越伊勢原整体院腰痛02

今までいろいろなケースをみてきましたが、実際には多くが筋肉の極度の緊張・硬直のようです。
無理をし続けた結果、負担が積み重なって限界に達し、硬直してしまった状態です。
足がつる(こむら返り)のと同様に腰がつったと言われた方がピンとくるでしょうか?
実際に施術して筋肉を緩めると、来た時は立つこともままならなかった人が、1人で歩いて帰ったりしています。

 

ギックリ腰は腰の骨がズレておこるの?

ギックリ腰というと「ギクッ」となった瞬間、腰の骨がズレたり折れたりしていると思われていますが、そのようなことはありません

転落事故や交通事故、スポーツなどにより、外から大きな力が瞬間的に加わった場合はそういうこともあるでしょうが、自分自身で身体を動かしてそこまで大きな力がかかるということはまずありません。

 

病院や整体には行く必要はないのか?

行く必要があるのかと問われれば「必ずしも行く必要はありません」と答えます。
ギックリ腰はしばらくすれば回復してきます。病院や整体に行かない人も結構います。

 

しかし、行かないことによるデメリットやリスクが多くあるのも事実です。

過剰に緊張した筋肉が緩んでくるのには時間を要します。この緊張が緩まないと血行などが滞り続けるので、人体本来が持つ自然治癒力が低下したままになり、回復が遅れます。
寝たまま物を取ろうと無理をして思わぬ悪化を招いたり、痛くなかった部位を痛めてしまったりすることがあります。
腰回りの筋肉が緊張したまま慢性腰痛に移行する場合もあります。

総合的に回復が遅くなるので、行っておいた方が無難であると考えます。

 

注意事項

通常、ギックリ腰は数日すれば徐々に痛みがひいてきますが、動作や姿勢にかかわらず常に痛みがある、発熱や嘔吐、冷や汗、排尿・排便障害、腰以外にも麻痺や痺れがあるような場合は、内臓の病気や神経に問題がある可能性も疑われますので、早めに病院に行くことをお勧めします。

 

ギックリ腰になってしまったら

まず、一番楽な体勢になりましょう

横向きに寝る、仰向けで寝る、ソファにもたれかかるなど、なんでもいいので本人が一番楽な体勢になりましょう。

膝を曲げると楽になる方が多いようです。クッションや枕、タオルを丸めたものなども利用します。

大蔵カイロ川越伊勢原整体院対応策01ギックリ腰

同じような体勢でも、部分的に少し角度を変える、ずらすだけでも痛みをあまり感じなくなることがありますのでいろいろ試してみてください。

 

そして落ち着きましょう

ギックリ腰になると「仕事どうしよう」「子供を迎えに行かなきゃ」「このまま治らなかったらどうなるんだろう」など今後の不安、今後の予定が狂う事への怒り、その他様々な感情が込み上げてきて頭がいっぱいになってしまいます。

この感情の高ぶりや落胆が痛みを増幅させるということが最近分かってきています。

人に頼めることは頼み、回復に専念するため、心を安らかにしましょう。

この状況では残念ながら何もできません。あせっても何も変わりません。いい意味で「あきらめ」ましょう。それが回復への近道だったりします。

悩み・不調02

動かせる範囲で身体を動かしましょう

「痛みを感じない範囲で」を基本に少しずつ身体を動かしてみてください。

最初は手の指、次は手首、次は肘という具合に、腰から遠いところから始めると痛みが出にくいです。
痛みが出たらすぐ止めて、その手前の痛くない範囲内で動かします。
こまめに動かしていると痛みを感じない範囲が徐々に拡がっていきます。

昔は安静といわれていましたが、今は病院でも安静にさせない方針です。

安静にして動かさないでいると、全身の筋肉が硬くなってきます。
特にギックリ腰では腰周辺の筋肉が異常に緊張して硬くなっています。
動かさないでいることがそれを継続させ、回復が遅れます。

反対に痛くても動かした方が早く治ると無理をする人がいますが、これはお勧めできません。
痛みは「これ以上動かすと壊れるぞ」という警告です。
無理して動かせば患部だけでなく他の部分も壊れかねません。痛みが出ない範囲に留めましょう。

動かせる範囲で身体を動かすことは後の回復にも大きな差が出ます。

 

当院のギックリ腰に対する施術は

初日の施術 全身の硬直を解き、歩けるように

立っても座ってもいられない状態なので、横向きや仰向けに寝る、ソファやイスにもたれかかるなど、その時一番楽な体勢でお話を伺い、そのままの施術に入ります。

大蔵カイロ川越伊勢原整体院の施術複合写真15

筋肉の緊張を緩めることから始めます。

ただし急性腰痛を発症した当日や翌日は、ほとんど腰には触れられません。その場合は腰の周囲、さらには全身を緩和させるよう、腰から遠い部分から緩めていきます。

「さする」「揺らす」手技を多用し、硬直した身体全体を緩めます。

患者さん自身にも痛くない範囲で動かしてもらいながら、動く範囲を少しずつ拡げていきます。

身体が動くようになってきたら、ぶり返さないために腰の負担が少ない立ち方、起き上がり方の実践練習などを行います。これは再発の予防に役立っています。

終わるころにはだいぶ緊張がとれ、多くの方が自分で歩いて帰れるようになっています。

 

後日の施術 根本改善で再発防止

歩けるようになったらもう終わり、ということはありません。

この状態で放っておくと再発したり慢性腰痛になったりしますので、硬くなった筋肉を緩めておく必要があります。

翌日もしくは翌々日は、初日には痛くて、動けなくて出来なかった施術を行い、ギックリ腰を繰り返さない身体に変えていきます。

大蔵カイロ川越伊勢原整体院の施術複合写真16

ギックリ腰は、急激な負荷を受けて起こる一過性のものより、いろいろな要因が徐々に積み重なって限界値を超えて起こるものの方が圧倒的に多いと思います。

徐々に積み重なる「筋肉の疲労」「骨格の歪み」「普段の姿勢」などの要因への対処が必要です。

ここでしっかりとした施術を受けることで今後の回復に大きな差が出ます。

 

ギックリ腰で一生寝込み続ける人はいません

 

以上のように焦ることはありません。

一生ギックリ腰で寝込み続ける人はいません。皆さん改善しています。

当院で一緒に改善していきましょう。